忍者ブログ
プロフィール
HN:
篠江 翔
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/06/25
職業:
フリッカー×巫女
趣味:
音楽
自己紹介:
他PC
*久保枝・夏葵
(エターナルオヤブン・b04791)

*篠江・疾風
(風追い・b17556)

*栗栖・タケシ
(紅の貴公子・b21362)

*篠江・つぐむ
(論理演算・b31341)

*篠江・港
(ラジカルスクランブル・b41572)

*篠江・晴杞
(プレデターゲーム・b41574)

==========================
この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、篠江・翔が作成を依頼したものです。
 イラストの使用権は篠江・翔に、著作権は絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
==========================
最新コメント
[06/10 海晴]
[04/29 女好菜]
[04/29 マール]
[01/13 白露狭霧]
[01/12 氷一]
ブログ内検索
お天気情報
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はやて



台風が直撃中だ。
ここ最近は天気も悪くて走りにでれねーな。ちっ。

そういや、晴れしずにつぐむが入団してたな。
ホント…どこまで増えるんだ…俺たち兄弟は。半数以上晴れしずにいるんじゃねーか?

ん、背後が何かSS載せろってうるせーな。
は?俺の過去!?んなもん、別にどーだっていーだろ;

ちっ…仕方ねーな。

「俺も兄貴みたいに自慢出来るもの、欲しいなっ」
「疾風は俺なんかよりずっと頭良いし運動神経だって良いじゃない…羨ましいよ」

そんな会話をしたのは、小学校の時に出された作文の宿題がきっかけだった。
テーマは「将来の夢」とか、そんなようなだった気がする。

夢…。
勉強は、親がちゃんとしろと言うからしてきた。
運動は元々好きだったからうちこめた。

でも、夢とは違う気がした。そんな時浮かぶのは、やはり兄の姿で。
兄の歌は好きだ。…もしかしたら、歌っている時の兄の表情が好きなのかもしれない。

「夢…夢…」
「疾風は、走るの速いじゃない?足を活かしてさ、陸上選手とかになろうとは思わないの??」

タイトルだけ書いた作文用紙をしばし見つめた後、兄を見る。

「…考えたことなかった…。そっか…スポーツ選手か…」

名前がこんなだからか、走るのは風を感じることが出来て好きだ。
だが走ることなんて体育の授業くらいだから…授業の中では好き、それだけだった。

「ほら、ちょうど中学だったら部活もあるし…夢にしなくても、どこまでいけるか挑戦してみたら??」


きっかけは些細なこと。
些細なことは、大きなものへ発展する。

中学では陸上部に入った。一年にして、疾風は駿足を見せつけ上級生をも圧倒させた。

もちろん勉強も厳かにしては駄目だ。部活の厳しさを理由に成績が下がったとは思われたくはない。
負けず嫌いで、意地っ張りな性格は生れつき。

本人は自分なりに頑張っているつもりだった。走って…走って…どこまで走れば兄に追いつけるだろうか。

ただ…疾風のその姿勢は…陸上選手としては認められるものの、周りからの評価は良いとは言えなかった。

一年のくせに…
斜に構えた態度が鼻につく…
付き合いも悪い…
成績も優秀で目立ってる…

最初は些細な噂も、大きく広まる。
たいてい、頭が良くて運動が出来て、先輩よりも有望視されていて、ビジュアルも良いようなパーフェクト人間は良い印象を持たれない。
おまけにこの性格だ。上級生からの「調子に乗るな」にも返す言葉は「用件はそれだけですか」だ。
周りからの評価は求めていない。自分がどこまで高みを目指せるかだ。
友達なんかいらない…いつの間にかそんな風にさえ思っていた。


違う…
追いかけていた兄は、こんなだったか。
もっと楽しそうに、やりたいことに打ち込んでた気がする。
今の自分は…どうなんだろう…。
中学二年の終わり…そう思ったから疾風は家に帰るなり兄を探した。

兄に…相談なんてあの時以来だと思った。

だが、相談の前に兄の翔から…兄弟全員に告げられた告白。

「歌、やめたよ。…歌わない…もう」


なんでアンタがそんなことを言う?!俺が走ってこれたのは、アンタが歌っているから!

怒鳴ろうと思ったが、依月が先に怒り狂いだしたので自分は冷静になれた。
二人きりになって、ようやく聞いた。夕暮れ時の…明かりをつけていない居間は、赤色に染まっている。

「…なんで、んなこと言うんだよ」
「…」

横目で見やると、兄の翔はただ諦めきった顔で虚空を見ていた。

「そりゃあ…一人暮しとか…キツイかもしんねーけど…やめられるのかよ、歌」
「…歌え、ないんだ」

ぽつりと訂正するように声がした。

「最近、さ。歌えなく…なっちゃった。なんかもう…潮時なのかなって」
「…なんか、あったのか?兄貴…」
「ん…ちょっと。色々、ぐちゃぐちゃ…」
「…アイツか?」

翔の口元が少し反応した。あぁ…やっぱりか、と疾風は顔をしかめる。

「だから、言ったじゃねーか…あんな悪い噂の堪えないような不良に関わるなって」

自業自得…その言葉を飲み込む。これ以上は、何も言えなくなった。今言うと、兄は崩れてしまいそうなほど弱々しい目をしていたから。

潮時…
自分も、そうなのかもしれない。求めるべき夢の形がわからなくなって…追いかける目標である兄も立ち止まって。

元々、とってつけたような夢だった。別になんでも良かったんだ…打ち込めるなら。
それに…今年から三年…受験生だ。ちょうど良い。
陸上部は退部した。中学残りの一年は勉強に集中すれば良い。


それで良いんだ。
言い聞かせた。必死で勉強した。
じゃないと、忘れられないから。

やめて、初めて気がついた。走ることが好きだった事に。

いつの間にか、こんなにも…自分から陸上をとったら何もないことに。

きっかけは些細なこと。
些細なことは、大きなものへ発展する。

打ち込めること…それは夢中になりすぎて、見失いがちだけど、やめた途端喪失感を感じるんだと、兄がいつだったか言っていたのを思い出した。


高校に入り、疾風はもう一度陸上を始め。
兄の翔が再びマイクを握ると決意したと同時に家を出て。
疾風が…相棒や、悪友と呼べる仲間に出会うのは、もう少し先の話。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]